【久保建英】マジョルカの1年を振り返る解体新書、ピッチ上で起きた真実に迫る45分!

ついに公開しました、タケ・クボ解体新書!

2019年のコパ・アメリカから彼を追いかけ続け、マジョルカでの1シーズンをまとめた総集編。

連携が問題視された中島や、パスくれないなぁーと言われたMFダニ・ロドリゲス、彼らは本当にイメージ通りの選手だったのか?

分析を進めているうえで、見えてきた久保やマジョルカ、そして中島翔哉の本当の姿を探っていきます。

以下、動画詳細文、冒頭。

2019-20シーズン、世界中が追いかけた久保建英の1年を振り返る。全35試合に出場し、4ゴール4アシストをふくむ衝撃的なスタッツを記録した19歳…そのピッチ上では、なにが起きていたのか。数字の裏にある真実、まぶしい個人技によって隠された等身大のタケ・クボを解き明かす45分―――


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。