日韓大会のブラジル代表がやべえ!3R+ロベカル無双【ロナウド&ロナウジーニョ&リバウド】

久々の名勝負シリーズ、今回は2002日韓ワールドカップを制したブラジル代表をおとどけ。

当時のブラジル代表と言えば、ロナウド、ロナウジーニョ、リバウドで形成する『3R(スリーアール)』が圧倒的な攻撃力を発揮。

ロナウドは前髪を三角形に整える「大五郎カット」が話題になったので、覚えている方も多いでしょう。

システムは3バックの352を用い、左サイドにはDFロベルト・カルロスが君臨!
守備より攻撃で目立ちすぎる斬新な彼のプレーに「3Rじゃなくて4Rだろ!」という声もあがったほど。

そんな圧倒的ブラジル代表のプレーをざっとまとめました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。