わがままな天才、中島翔哉・解体新書!のぼりつめる奴は遠慮なんか知らねーぜ!

中島翔哉(なかじま・しょうや)

サッカーファンはもちろんご存知でしょう。
2018年、ハリルジャパンに初招集され、もっとも日本サッカー界を沸かせた男。その後ロシア・ワールドカップのメンバーには落選し、さらに日本中を沸騰させた男。

17-18シーズン、ポルトガルでブレイクし、一旦カタールを経由してから2019年、コパ・アメリカ後にポルトガル最強ビッグクラブのFCポルトに移籍。

FCポルトといえば世界最高峰の舞台チャンピオンズリーグ常連のビッグクラブです。

1994年生まれで現在24歳。
順調すぎる彼は、いかにしてその地位にのぼりつめたのか?

独創的な個人技とそれを活かすメカニズム、どんな相手にも遠慮しない天才の自己主張を掘り下げていきます。

“わがままな天才、中島翔哉・解体新書!のぼりつめる奴は遠慮なんか知らねーぜ!”の続きを読む

オランダ最強ウイング、アリエン・ロッベン引退!伝説プレーを見よ!!

バイエルン・ミュンヘンで10シーズンを過ごし、オランダ代表でも歴史的な活躍をつづけた生ける伝説。

アリエン・ロッベンがついに引退を表明、35歳。

右ウイングの位置から細かいタッチでカットイン、左足を振りぬくだけという十八番にして鉄板プレーでゴールを重ねる半端ない男。

教科書通りのきれいすぎるゴールは、まさに「分かっていても止められないプレー」
数々のビッグクラブや名DFたちも何度となく餌食になってきました。

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウド同様に、オランダ代表そしてバイエルンでも偉大過ぎる彼の後継者探しに苦労するでしょう。

“オランダ最強ウイング、アリエン・ロッベン引退!伝説プレーを見よ!!”の続きを読む

CB冨安健洋がボローニャ移籍!クリロナに挑む20歳のスーパー化け物プレー集!!

ベルギー1部シントトロイデンは9日、日本代表DF冨安健洋(20)がボローニャに移籍することを発表した。地元メディアによると移籍金800万ユーロ(約10億円)の5年契約。

誰もが待ち望んだ大型新人、188㎝のセンターバック冨安!

アジアカップで活躍し、コパ・アメリカでもすさまじいプレーを披露した逸材。
見た目通りのフィジカルを持ち、驚くべきはどんな相手にも走り負けないスピードです。

特にカウンター時の1対1にめっぽう強く、抜かれたとしてもすぐ追いつき自己カバーできるほどの俊足。

体の使い方がまだ未熟な感もありますが、今後セリエAでどんな経験を積んでいくのか。
昌子源とともに楽しみなシーズンが始まります。

“CB冨安健洋がボローニャ移籍!クリロナに挑む20歳のスーパー化け物プレー集!!”の続きを読む

リヴァプールの超神童サイドバック、アーノルドのマジうまプレー集!

トレント・アレクサンダー=アーノルド(Trent Alexander-Arnold)

リヴァプールがユースから育て上げた、生え抜きの右サイドバック。

1998年10月7日生まれの若さで、18-19シーズンのプレミアリーグベストイレブン、プレミアリーグ準優勝、チャンピオンズリーグ優勝と輝かしい実績を築いた二十歳の青年。

特にCL準決勝バルセロナ戦で見せた神業コーナーキックは、奇跡的な大逆転をもたらすシーズン最高のハイライトになりました。
高精度のクロス、速く落ちるフリーキック、激しい上下動とサイドバックとしてこれ以上ない素質を備えた超ヤングスター。

今後さらなる飛躍を見せてくれるのか、期待しかない男のプレー集!

“リヴァプールの超神童サイドバック、アーノルドのマジうまプレー集!”の続きを読む

新次元のCB昌子源、解体新書!W杯とフランスでの激闘を解き明かす!

コパ・アメリカ2019を盛り上げた若き日本代表。

なかでも久保建英が話題となり、そしてCB冨安が印象的な活躍を残しました。

大会期間中、冨安はベルギーからセリエAのボローニャへ移籍決定!
はやくも飛躍を果たした20歳の大型CB、ますます期待が高まります。

そして同じく日本代表CBとして名を連ねるのが、我らが昌子源。

2018W杯は3試合に出場、ベルギー戦で試合直後にピッチを叩いて悔しがった、あの彼です。

彼は大会を経て半年後、フランス1部リーグ・アンのトゥールーズに移籍。
世界への憧れを強くした彼を待ち受けていたのは、圧倒的な個の強さでした。

キリアン・ムバッペやムサ・デンベレにぶち抜かれる日々、彼はいかにして立ち直ったのか?

W杯までの道のり、フランスでの苦闘、そして変わっていくプレースタイル。
激動のシーズンを解き明かします。

“新次元のCB昌子源、解体新書!W杯とフランスでの激闘を解き明かす!”の続きを読む

夢を見た激闘…コパ・アメリカ2019全ゴール集!グループリーグ編

2019年6月、夢を見た3連戦。

招待国として南米大会コパ・アメリカ2019に参戦した日本代表。

久保建英が初のA代表公式戦ということで、日本でも多くの話題になりました。

結果的にグループ3位で敗退しましたが、その戦いぶりはこれからの希望を抱くには十分なものでした。
ということで、グループリーグで生まれた全ゴールをまとめ。

やはりブラジルの攻撃力、そして前回王者チリは3戦目にメンバーを落とす余裕ぶり。
王座につくのはどこなのか。

まだまだ見所たくさんです。

“夢を見た激闘…コパ・アメリカ2019全ゴール集!グループリーグ編”の続きを読む