ついに久保建英が、日本代表に初招集!FC東京でマジ無双プレー集2019!

日本サッカー協会(JFA)は23日、今月に行われるキリンチャレンジカップ2019に挑む日本代表のメンバーを発表!
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190523-00322729-footballc-socc

かねてから予想、そして期待されていたFC東京の逸材、久保建英(くぼ・たけふさ)17歳がついに初招集!

2019年は体も成長し、攻守で大活躍中の久保選手。
誰が見ても文句なしの活躍を続け、満を持しての招集となりました。

それ以外にも、個人的にはレスター岡崎慎司の復活が嬉しいところ。
はたして久保建英と他メンバーはどんな化学反応を起こすのか? 本当に楽しみです。

そんな久保選手、2019年をふくめた最新プレー集!

“ついに久保建英が、日本代表に初招集!FC東京でマジ無双プレー集2019!”の続きを読む

ついに完結!ウーデゴール覚醒キャリアモード CL決勝の行方は…レアル復帰は!?

超不定期でお送りしてきた、マルティン・ウーデゴール選手のキャリアモード!

レアル・マドリードからオランダリーグのフィテッセに期限付き移籍中、大活躍して復帰を目指す1年。

国内2冠を達成し、最後に戦うはチャンピオンズリーグ決勝!相手はバルセロナ!

運命的な組み合わせ、ドラマのような最終決戦。

はたしてウーデゴールの運命は? そして復帰したレアル・マドリードで待っていた予想外のライバルとは!?

最終回、ぜひ見届けてください。
そしてお付き合いありがとうございました。

“ついに完結!ウーデゴール覚醒キャリアモード CL決勝の行方は…レアル復帰は!?”の続きを読む

レアルの逸材ピピ中井、シーズン無敗優勝の超プレー集!これで15歳だってぇ!

中井卓大(なかい・たくひろ)、愛称ピピ。
2003年10月24日生まれ。

レアル・マドリードの下部組織、カデーテA(16歳以下)に所属する日本人として注目を集め、今季はU15日本代表にも召集されました。

先日の日本国内カップにも出場したので、耳にした方も多いのでは。

そのピピ選手、今シーズンは無敗でリーグ優勝をかざり、もちろんレギュラーとして活躍!
433のインサイドハーフでプレーし、攻撃をリード。終盤には目の覚めるロングシュートを決めるなど調子をあげていきました。

順調にカテゴリーをのぼっていくであろうピピ選手、見れば見るほど将来が楽しみな18-19シーズンまとめです。

“レアルの逸材ピピ中井、シーズン無敗優勝の超プレー集!これで15歳だってぇ!”の続きを読む

今季も勝者だったクリスティアーノ・ロナウド!来季ユベントス悲願のCL制覇へ…神プレー集

18-19シーズン、チャンピオンズリーグ3連覇のレアル・マドリードからイタリア王者ユベントスへ電撃移籍した、クリスティアーノ・ロナウド。

セリエAの絶対王者でもエースとして君臨し、なんと8連覇となるリーグタイトル獲得に貢献!
またしても歴史を作ったロナウドですが、ユベントスの悲願だったCL制覇はならず、伏兵アヤックスにベスト8で敗れました。

それでもアトレティコ相手に大逆転を演じるなど、そのすごさは見せつけてくれたロナウド。
はたして昨季はどんなメンバーとともに頂点を目指すのか、期待を込めた今季プレー集。

“今季も勝者だったクリスティアーノ・ロナウド!来季ユベントス悲願のCL制覇へ…神プレー集”の続きを読む

ムバッペ、やっぱすげえよお前は!今季も41試合35ゴールの超プレー集1

41試合35ゴール17アシスト。

だれの成績か分かりますか?

これはパリ・サンジェルマン所属のフランス代表、キリアン・ムバッペ(20歳)の今シーズン成績!

1998年12月20日生まれ、まだ10年はトップレベルでやれる年齢ながら、バロンドール級の活躍をつづけるまさに神童です。

2018年はロシア・ワールドカップを制したので、それで知った方も多いのでは。
成長を続けるムバッペ選手、メンタル面も大きく改善し、ネイマールやカバーニを欠くPSGを最後まで引っ張り続けました。

“ムバッペ、やっぱすげえよお前は!今季も41試合35ゴールの超プレー集1”の続きを読む

レスター岡崎がプレミア王者になった2015-16、色あせない奇跡の1年を振り返る解体新書!

語り継ぎたいシーズン、色あせてほしくない1年がある。

2015-16プレミアリーグを制した降格候補レスター・シティ、優勝オッズ5001倍の彼らが頂点に立った奇跡の戦い。

そこに日本代表FW岡崎慎司がいたことを、みなさん覚えているだろうか。

少ない人件費と優秀なスカウトでかき集めた、適材適所の442.

アルジェリア代表リヤド・マフレズ、後のフランス代表エンゴロ・カンテ、後のイングランド代表ジェイミー・ヴァーディ、そして日本代表シンジ・オカザキ。

彼らはなぜ優勝候補をおしのけて王者になれたのか、岡崎慎司はなぜ最高峰の舞台に立てたのか。

波乱に満ちたシーズン、おくれてきた切り札エデン・アザール、岡崎にしかない貪欲なメンタル、タイトルを取ってより強くなった悔しさ。
激動の1年を、改めて振り返る―――

“レスター岡崎がプレミア王者になった2015-16、色あせない奇跡の1年を振り返る解体新書!”の続きを読む