【久保建英】マジョルカの1年を振り返る解体新書、ピッチ上で起きた真実に迫る45分!

ついに公開しました、タケ・クボ解体新書!

2019年のコパ・アメリカから彼を追いかけ続け、マジョルカでの1シーズンをまとめた総集編。

連携が問題視された中島や、パスくれないなぁーと言われたMFダニ・ロドリゲス、彼らは本当にイメージ通りの選手だったのか?

分析を進めているうえで、見えてきた久保やマジョルカ、そして中島翔哉の本当の姿を探っていきます。

以下、動画詳細文、冒頭。

2019-20シーズン、世界中が追いかけた久保建英の1年を振り返る。全35試合に出場し、4ゴール4アシストをふくむ衝撃的なスタッツを記録した19歳…そのピッチ上では、なにが起きていたのか。数字の裏にある真実、まぶしい個人技によって隠された等身大のタケ・クボを解き明かす45分―――

“【久保建英】マジョルカの1年を振り返る解体新書、ピッチ上で起きた真実に迫る45分!”の続きを読む

【神】バケモンだった久保建英 2020超プレー集!【来季はどこへ】

2019-2020シーズン、久保建英はレアル・マドリードからRCDマジョルカに期限付き移籍。全35試合に出場、4ゴール4アシストを記録した。
その中からタケの好プレーをベストチョイスした12分。

全日程が終了した7月21日、ラ・リーガ日本語版公式ツイッターは久保建英のスタッツを紹介。ドリブル成功数64、枠内シュート25、被ファール64、パス成功数679、コーナー獲得数30という見事な数字が並んだ。
これに対し日本のファンからは「極東より来たりし若き支配者」「和製メッシ爆誕」「普通にバケモン」と絶賛の声が上がっている。

“【神】バケモンだった久保建英 2020超プレー集!【来季はどこへ】”の続きを読む

カンプ・ノウの奇跡…『解体新書』バルサvsパリSGで起きた史上最大の逆転劇!

2016-17シーズンの欧州チャンピオンズリーグ。

決勝トーナメント1回戦、ベスト16で激突した両雄。
スペインのFCバルセロナとフランスのパリ・サンジェルマンFC。

当時バルセロナにはリオネル・メッシ、ルイス・スアレス、そしてネイマールという最強3トップ『MSN』が君臨。
2014-15シーズンには準々決勝でパリ・サンジェルマン(PSG)を5-1でけちょんけちょんにしていたので、今回もその再現なるかー!と予想されていたこのカード。

だがしかし、第1戦パルク・デ・プランスで行われた試合はPSGが4-0で圧勝!
アウエーゴールなしで4点差、なんと当時CL57年の歴史でこの点差をひっくり返した例はなかったのです。

そりゃバルセロナ無理だろうと、ついにPSGが優勝するかと、そんな雰囲気もただよったこの時期。

もはやバルサにとって絶望的な第2戦、しかし舞台はカンプ・ノウ。観客は満員約96000人!
どんな状況でもサポーターはMSNを、ルイス・エンリケ監督を信じていたのですね。

試合はどんな展開、どんなドラマが繰り広げられたのか…史上最大の逆転劇、ぜひご覧ください。

“カンプ・ノウの奇跡…『解体新書』バルサvsパリSGで起きた史上最大の逆転劇!”の続きを読む

FIFA20【433(4)カスタム戦術】エリート1に返り咲いた改良策を解説!

FIFA20 Ultimate Teamの『Weekend League』にて、日本サッカー&eスポーツ界の最古にして最強老害ことぷあたんがエリート1(30試合27勝)を達成した【433カスタム戦術】を解説。
前回の433(5)から、なにがどう変わったのか? なぜ433(4)になったのか? 数多の敗戦と勝利を重ね、ふたたびたどり着いた境地…悔しさと切なさと心強さの結晶、ぜひご覧ください。

“FIFA20【433(4)カスタム戦術】エリート1に返り咲いた改良策を解説!”の続きを読む

FIFA20 奇跡はなるか、プレミアTOTSパック降臨!人生変える瞬間を共に…

FIFA20 Ultimate Team、最高の猛者が集うプレミアリーグTOTS週間でエリート2達成!

Sデ・ブライネ、ソン・フンミンにセルヒオ・アグエロ、そしてリヴァプール勢などそうそうたるメンバーがそろった夢の報酬。

久々の動画化となりましたが、はたして結果は―――!!

てか、あんた来すぎ

“FIFA20 奇跡はなるか、プレミアTOTSパック降臨!人生変える瞬間を共に…”の続きを読む

マドリー復帰あるか!21歳の天才ウーデゴール、19-20ソシエダ超プレー集!

レアル・マドリーから期限付き移籍する若手は数多くいますが、この選手ほど久保建英に近い存在はいないかもしれません。

Martin Ødegaard マルティン・ウーデゴール、ノルウェー代表の21歳(1998年12月17日生)。

10代前半から世界中で目を付けられ、16歳でレアル・マドリーと契約。
当時はまるで即戦力のスター選手みたいに扱われ、早すぎる期待と注目におしつぶされる結果になってしまいました。

そして期限付き移籍という武者修行を続けること4シーズン目、オランダの3年間で結果を残し、ついに今季はスペイン1部レアル・ソシエダでプレー!

第2節マジョルカ戦では久保建英が見つめる中で初ゴールを記録、以降も主に右インサイドハーフ or トップ下などで定位置を確保。
新型ウイルスで中断する第27節終了時点では、なんと4位という好成績に貢献!

左利きで、見栄えのいい華麗なプレースタイル。フリーキックも上手く、フィニッシュも年を増すごとに豪快さを増しています。

昨今は境遇の似た久保建英と比較されることも多く、いずれ二人の共演、あるいはポジション争いが見られるかも…?

“マドリー復帰あるか!21歳の天才ウーデゴール、19-20ソシエダ超プレー集!”の続きを読む