いまだ健在!サラゴサ香川真司、2019-20シーズン超プレー集!

香川真司、2019-20シーズンのベストプレー集です。

スペイン2部レアル・サラゴサに所属し、リーグ戦31試合4ゴール1アシストを記録。国王杯その他で5試合1アシストを記録した。
主に4231のトップ下、もしくはサイドハーフで出場。国王杯では久保建英所属のマジョルカを破り、レアル・マドリード戦ではひときわ輝きを放って話題となった。昇格プレーオフでも好パスを連発し孤軍奮闘するが惜しくも敗退、1部昇格はならなかった。

今シーズンオフではアメリカやカタールからオファーを受け、さらに久保建英が加入したスペイン1部ビジャレアルFCへの移籍も取りざたされたが、香川自身は減俸を受け入れサラゴサに残留するという予想がされている。

“いまだ健在!サラゴサ香川真司、2019-20シーズン超プレー集!”の続きを読む

【久保建英】マジョルカの1年を振り返る解体新書、ピッチ上で起きた真実に迫る45分!

ついに公開しました、タケ・クボ解体新書!

2019年のコパ・アメリカから彼を追いかけ続け、マジョルカでの1シーズンをまとめた総集編。

連携が問題視された中島や、パスくれないなぁーと言われたMFダニ・ロドリゲス、彼らは本当にイメージ通りの選手だったのか?

分析を進めているうえで、見えてきた久保やマジョルカ、そして中島翔哉の本当の姿を探っていきます。

以下、動画詳細文、冒頭。

2019-20シーズン、世界中が追いかけた久保建英の1年を振り返る。全35試合に出場し、4ゴール4アシストをふくむ衝撃的なスタッツを記録した19歳…そのピッチ上では、なにが起きていたのか。数字の裏にある真実、まぶしい個人技によって隠された等身大のタケ・クボを解き明かす45分―――

“【久保建英】マジョルカの1年を振り返る解体新書、ピッチ上で起きた真実に迫る45分!”の続きを読む

【神】バケモンだった久保建英 2020超プレー集!【来季はどこへ】

2019-2020シーズン、久保建英はレアル・マドリードからRCDマジョルカに期限付き移籍。全35試合に出場、4ゴール4アシストを記録した。
その中からタケの好プレーをベストチョイスした12分。

全日程が終了した7月21日、ラ・リーガ日本語版公式ツイッターは久保建英のスタッツを紹介。ドリブル成功数64、枠内シュート25、被ファール64、パス成功数679、コーナー獲得数30という見事な数字が並んだ。
これに対し日本のファンからは「極東より来たりし若き支配者」「和製メッシ爆誕」「普通にバケモン」と絶賛の声が上がっている。

“【神】バケモンだった久保建英 2020超プレー集!【来季はどこへ】”の続きを読む

カンプ・ノウの奇跡…『解体新書』バルサvsパリSGで起きた史上最大の逆転劇!

2016-17シーズンの欧州チャンピオンズリーグ。

決勝トーナメント1回戦、ベスト16で激突した両雄。
スペインのFCバルセロナとフランスのパリ・サンジェルマンFC。

当時バルセロナにはリオネル・メッシ、ルイス・スアレス、そしてネイマールという最強3トップ『MSN』が君臨。
2014-15シーズンには準々決勝でパリ・サンジェルマン(PSG)を5-1でけちょんけちょんにしていたので、今回もその再現なるかー!と予想されていたこのカード。

だがしかし、第1戦パルク・デ・プランスで行われた試合はPSGが4-0で圧勝!
アウエーゴールなしで4点差、なんと当時CL57年の歴史でこの点差をひっくり返した例はなかったのです。

そりゃバルセロナ無理だろうと、ついにPSGが優勝するかと、そんな雰囲気もただよったこの時期。

もはやバルサにとって絶望的な第2戦、しかし舞台はカンプ・ノウ。観客は満員約96000人!
どんな状況でもサポーターはMSNを、ルイス・エンリケ監督を信じていたのですね。

試合はどんな展開、どんなドラマが繰り広げられたのか…史上最大の逆転劇、ぜひご覧ください。

“カンプ・ノウの奇跡…『解体新書』バルサvsパリSGで起きた史上最大の逆転劇!”の続きを読む

FIFA20【433(4)カスタム戦術】エリート1に返り咲いた改良策を解説!

FIFA20 Ultimate Teamの『Weekend League』にて、日本サッカー&eスポーツ界の最古にして最強老害ことぷあたんがエリート1(30試合27勝)を達成した【433カスタム戦術】を解説。
前回の433(5)から、なにがどう変わったのか? なぜ433(4)になったのか? 数多の敗戦と勝利を重ね、ふたたびたどり着いた境地…悔しさと切なさと心強さの結晶、ぜひご覧ください。

“FIFA20【433(4)カスタム戦術】エリート1に返り咲いた改良策を解説!”の続きを読む